最終更新 2018/12/20 11:10:00
雪陵会とは リーダーより メンバー紹介 活動内容 雪陵会に興味のある人へ スキー教室 記録

雪陵会とは

 雪陵会は、都立日比谷高校の校外行事であるスキー教室で、 スキーインストラクターをするボランティア団体です。 1958年(昭和33年)にスキー教室参加者によるOB会として発足しました。 メンバーは日比谷の卒業生で構成され、 社会人となった雪陵会OB・OGに支えられながら、 学生が主体となって日々活動しています。
 スキー教室ではスキーを教えるだけでなく、 松明滑走やキャンプファイヤーなどのイベントを通して行事全体を楽しく盛り上げようと、 自分たちも楽しみながら活動しています。 また、自分たちの技術アップのためスキー教室以外にも1シーズンに3回のスキー合宿を行っています。 普段の活動は主に毎週土曜日にあり、オフシーズン中のトレーニングのほか、 貸し出し用の道具の整備、スキー技術や指導法の勉強、安全対策に関するミーティングなどを行っています。 さらに、夏合宿では海や山に遊びに行くなど、年間を通して和気あいあいとした雰囲気で活動しています。 (詳しくは「活動内容」のページをご覧ください。)
 スキーを通して母校を愛し、伝統を受け継ぎながらも、常に新しいことに挑戦していく。 それが、われわれ雪陵会です。

Copyrigh(C) 2018 SETSURYO. All rights reserved.